人気ブログランキング |

 もう映画館は個人営業の館が絶滅危惧で大手だけが生き残る形になりつつある。都会ならその「大手」が複数の映画館を作るからまだ単館もあり得るだろうけど地方は大手の作るシネコンだけが頼りになってしまいそうだ。
 シネコンは当然、ひとつの建物の中に複数の映画館がそれぞれ違う作品を上映している。中には静かな映画もあれば派手にドンパチやらかす作品もある。大音響でのドンパチは「劇場ならでは」の魅力なんだが、そのドンパチの「振動」が結構隣の静かな映画の最中に伝わってきて気になる事も多い。
 そのたび「あぁ、せめて".1"chだけでもカウンタースピーカ使ってくれないかなぁ」と思うのだ。



隣に伝わるのは殆どが床(躯体)の振動
# by sompi1 | 2019-05-25 04:32 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

 2018年の夏に思いつきで作った水出し珈琲がかなりアタリだったので記録しておく。



どこか採用する喫茶店ない?(笑)
# by sompi1 | 2019-03-05 17:48 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

走るGrace

 最近"GRACE"という車を見かける。よく見たらホンダだった。調べたら最近出た車種らしい。

 これを見て、その昔日産が「サニー」という車を出す時「ソニー」に似ているからと菓子折持って井深さん宅に挨拶に来たという話を思い出した。「パナソニック」の時は挨拶に来なかったそうだ(笑)。勿論田舎で聞いた噂話だから真偽のほどは定かではない。
 果たしてホンダはグレースを出すにあたり品川無線(ホームページないので紹介ページ)に挨拶に来たのだろうか。最初に考えたのはそんな事だった。

 品川無線に知り合いがいるので訊く機会があった。…「来なかった」そうだ。まぁ業種違うから許しが要るわけでもないし、そもそもホンダは自社の商品名を「前の商品の記憶が残っているうちに」次々再利用しちゃう会社だしな。それに今時そんな仁義を問われる時代でもないのだろうが、なんかちょっと寂しい。

 おまけ。うちで出土したF-8/F-9当時のカタログ。
 あとここも見つけた。凄い。F-14や僕の知らなかった60周年モデルまで紹介してる。

# by sompi1 | 2018-06-25 23:43 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

オーディオインテル訪問

 2018年3月24日、観劇のため松本まで行くのに125ccのスクーターPCXでツーリングと洒落込んだ。
 原付2種の125cc未満では高速道には乗れない。折角一般道で行くなら途中諏訪で寄り道をしよう。一度訪ねてみたいと思っていたオーディオインテルさんに。



既に世代交代していた
# by sompi1 | 2018-03-29 03:33 | オーディオ | Trackback | Comments(0)

今年は無理かも

 ご存知の通り、テアトル石和が2月いっぱいで閉館です。
 「自分の撮った動画を映画館のスクリーンに」というのが最初の目的でしたので、これまで図書館・公民館といった「映画館以外の施設」での開催は考えていませんでしたが、今後まだ続けるならそういった方向転換も視野に入れなければなりません。
 僕自身数日前に知った事なので、まだ整理がつかない状態です。今から代替会場を選定して5月末に開催するのは無理っぽいなぁ。とりあえずちょっと考えます。

# by sompi1 | 2018-02-24 20:35 | コンナンデ映画祭 | Trackback | Comments(0)

テアトル石和閉館

 テアトル石和に「ガールズ&パンツァー最終章」第1話を観に行った。
 2月末日をもってテアトル石和閉館だという。つい数日前に知った。ガルパン最終章は6話あるというのに1話で終わりか。すでに1話は当地のTOHOシネマズで観て、新宿バルト9で7.1ch上映を観ての3回目だったが、餞別代わりのつもりで観に行った。餞別と言っても回数券が残り7枚もある。払い戻しはないからそれこそが餞別だ。
 行ってみたら、5.1ch全てが「ちゃんと」出ているではないか。".1"のウーファがまともに鳴っているのを見るのは初めてかも知れない。後方chも両方出ていた。以前ガルパン劇場版を観た時はセンターchの音が右から出ていた。言っても取り合ってくれなかったから足が遠のいていたのだ。ここにきてまともな音を聴かせられようとは。
 今月末で電力供給も終了、あとは買い手待ちだという。当然「コンナンデ映画祭」もここではできない。はて、今後どうしたものか。

 着いた時はまだ前の映画「ホペイロの憂鬱」をやっていたのだが、有泉忍氏が「僕も出てるから観て」と中に通された。ビッグカイト側の応援席にいたらしいのだが見つける事はできなかった。でもエンドクレジットにちゃんと名前が出ていた。え?山梨(郡内だが)出身の菅田俊(仮面ライダーZX)さんも出てたのか。忍さん菅田さんと共演したのか!いいなぁ。
 本番のガルパンでもエンドクレジットに後輩の名前が出る。なんか不思議な感覚だった。

 「もう映画では食えない」という閉館理由はとても残念だが、建物自体ハードウェア的に限界が近い。ちょっと前倒しになっただけという見方もできるかも知れない。先代の社長がご健在の間にその判断を迫られなくてよかったと思うべきか。

 弐番館を名乗りながら県内初公開の作品が多かったテアトル石和。ありがとう。お世話になりました。

# by sompi1 | 2018-02-24 20:16 | レヴュー | Trackback | Comments(0)

 今回は事前エントリー作品なし、辛うじて個人的に当日持ち込みの予告を戴いたのでお流れにならずに済みました。お客さんもひとり来てくれたし。
 出品作品は鈴木勝利さん恒例の職場紹介動画。今回は障害者が街の避難訓練に参加する話でした。これ1本上映して今回は終了。

 本来、客席の全員が審査員として参加するのがコンナンデ映画祭なのですが、1本のみでは審査も何もありません。なので今回は初の「エキシビジョン開催」としました。入場無料、出品者に贈られるのはこちらで用意した賞品のみ。告知活動を怠けた報いなので今回は僕だけ自腹の映画祭でした。反省はしますが、具体的にどうしたらいいのかもよくわからないので、まぁぼちぼち続けてみます。そのうち何か見えてくるかも知れません。

 貸し切りとは知らずに普通に映画を観に来た方が数名いて、びっくりされました。告知不足でこんな所にまで迷惑が及ぶとは。次回から館の上映予定にも掲示を考えなくてはいけないかな。

# by sompi1 | 2017-05-23 22:33 | コンナンデ映画祭 | Trackback | Comments(0)

第6回もエントリー方法は継承します。それどころか本文すらコピペです(汗)。

 出品希望者はこの記事のコメント欄に

・出品者名
・作品名
・時間(エントリー時点で「予定」も可)

 を書いて下さい。公明正大、先着順の受付となります。基本、そのままの順での上映となりますが、応募多数の場合、短い作品を優先する可能性がありますのでご了承下さい。できれば15分以内ぐらいまでの作品希望。

 別途不可視コメントで連絡先とか戴けると助かりますが、なくてもエントリー自体は成立します。ただしエントリー自体が不可視な場合は正規エントリーとみなされません。エントリー多数の場合正規エントリーを優先します。

 今回も、実験的に、事前エントリー作品に限り出品料を1分200円とします。当日持込は従来通り1分300円のままです。

コンナンデ映画祭トップページ
# by sompi1 | 2017-04-05 14:50 | コンナンデ映画祭 | Trackback | Comments(0)