人気ブログランキング |

コンナンデ映画祭 Vol.2 終了

上映作品と得票および獲得賞品(エントリー/上映順)>

・事前エントリー分

 「ベストプレイス」コンナンデver.27分 タカノピクチャーズ
  16票+大阪土産(司会の秋山氏)

 「清水、清水、清水。」13分 山梨大学映画研究部
  9票+鳩サブレー(そんぴ母)

・当日持ち込み分

 「神宮司2013」15分 神宮司健
  22票+映画鑑賞回数券(テアトル石和)

 「夢ふうせん」13分 鈴木勝利
  13票+入浴券10枚(湯村温泉卿旅館明治)




 「ベストプレイス」は当日17時まで編集していて、正式な完成版ではなくコンナンデ出品用の暫定編集だそうな。それってこのver.はコンナンデに来た人しか観られないレア版って事に?監督は丁度仕事が重なってしまったそうで代理の佐々木氏が持ち込んだ。
 当日17時に編集し終えただけでも充分凄いのに、タカノピクチャーズ代表佐々木氏が会場から電話して「今からでも当日持込できるってよ!」の誘いに乗った神宮司氏に至っては会場に持参したノートPCでDVDを書き出すという荒業に出た。

 客席入場者は15名。今年も取材に来てくれた毎日新聞の記者からもしっかり徴収しちゃった。客席に座る以上は「審査員」として参加して貰いたくて。
 投票総数60票。チケット1枚につき4票なので一見全員投票したように見えるが、実は奇特にもチケットを2枚購入した方もいた。なのでチケットは16枚売れている。
 今年は事前の広報活動をろくにできないまま本番を迎えてしまった。そのためか昨年より来場者は減ってしまっている(昨年は35名)。充分に宣伝できなかったにも関わらず来てくれた人達に感謝。それどころか今年も新聞の取材が来てくれたのにはちょっと驚いた。気にしてくれている人がいるのだなあ。
 昨年「司会は誰かに頼みたい」とコボしたら大阪からネット仲間のAkiyama氏が「俺にやらせろ」と乗り込んで来てくれた。他にも地元の仲間のターキー氏、昨年観客として来場した佐藤氏が応援に来てくれた。正直、人手があるとこんなに楽なものかとちょっと感動した。昨年は受付こそテアトルの専務と社長にお願いしたけど会場PAのセッティングから司会までひとりでやった。何とかなるもんだとは思ったけど、やはり結構しんどかったというのも正直なところ。ただし今後も皆さんの善意を必要以上にアテにする事なく「ひとりでも継続的に開催できる体制」を維持するつもり。

 テアトル石和は今年デジタルプロジェクタを導入して本格デジタル対応を果たした。昨年は画面こそ映画館のスクリーンだったがプロジェクタは家庭用だった。本物のプロ用機材で投影される画面は画質・明るさとも昨年の比ではなく、出品者の感慨もひとしおだったと思う。やはり「映画館のスクリーン」にこだわったのは間違いではなかったと思った。

 ただ、導入間もない事と、プロ用機材だからという事もあるのか、縦横比4:3で作成された作品の上映がうまくいかず、全ての作品を16:9で上映せざるを得なかった。次回は4:3の作品を歪ませずに上映できるようにしておきたい。…できるのだろうか(汗)。うちのDVDプレーヤには4:3の画面に16:9の作品を映す(上下に黒帯を出す)機能はあるが逆の機能を持つプレーヤを探さねばならないかも知れない。家庭用のTVなら左右に黒帯を出して4:3を映す機能があるが、劇場のプロジェクタにはその機能がそもそもないのでプレーヤ側で16:9の画面に4:3を出力する(左右に黒帯を出す)必要がある。このあたりは次回までの宿題になった。もしかすると調べてみたら「対応不可」なんて可能性も残っている。そうなると不本意だが4:3の作品は募集対象外にせざるを得ない。あの歪んだ画面での上映など、自分が観客でも出品者でも絶対に許せるものではないし許してはいけない。なので出品者側で横に黒帯を入れるなどして16:9仕様にして持ち込んで戴く事になる「かも知れない」。詳細は調査後に報告するけど、現時点ではまだ4:3の作品を正しい縦横比で上映する方法が確認できていないので、出品者は16:9に編集して持ち込む事を頭の隅においといて戴きたい。

 来年も開催しますよ!5月中旬予定。今年は大丈夫だったけど、6月に入ると雨になる確率が飛躍的に高まってしまうものねぇ。
トラックバックURL : https://sompi.exblog.jp/tb/17921050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from そんぴの近況 at 2013-11-02 04:03
タイトル : 縦横比4;3の作品の対応について
 第2回では、縦横比4:3で作られた作品が16:9に伸張されて上映されてしまいました。  一時上映を止めてあーでもない、こーでもないと試行錯誤しましたが結局再生側では対応できず、お客さんをさんざ待たせた挙げ句やむなく16:9の歪んだ画像で上映せざるを得ないという結果になってしまいました。  その後テアトル石和さんのご協力で検証した結果、以下の事が判りました。 1.強制的に縦横比を変更できない  テアトル石和の再生装置では、縦横比を強制的に変更する機能はついに見つけられませんでした。 ...... more
Commented by sompi1 at 2013-06-09 13:46
 6/8の毎日新聞に掲載された。ネット版も上がってた。
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20130608ddlk19200008000c.html?fb_action_ids=459778024108077&fb_action_types=og.recommends&fb_ref=s%3DshowShareBarUI%3Ap%3Dfacebook-like&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582
Commented by STEP at 2013-06-09 17:56 x
機器の手違いとかは仕方がないけれど、上演しつつ中断されてまで調整されると、みている方は「そこはもういいから」となる。また、横長に偏長されても、そういうものとしてみていれば気持ち悪くないよ。それも含めての素人の行う上映会では? 門は広く開けて行きましょうよ。
ま、あなたが自分の感覚を守ることが第一になってしまう人なのであえて言うけれどね。

で、温泉件。ありがとうございます。期間指定なのね。
半分あなたにご苦労様券として進呈したいのだけれど。受け取ってくださいな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sompi1 | 2013-06-09 03:26 | コンナンデ映画祭 | Trackback(1) | Comments(2)