人気ブログランキング |

縦横比4;3の作品の対応について

 第2回では、縦横比4:3で作られた作品が16:9に伸張されて上映されてしまいました。
 一時上映を止めてあーでもない、こーでもないと試行錯誤しましたが結局再生側では対応できず、お客さんをさんざ待たせた挙げ句やむなく16:9の歪んだ画像で上映せざるを得ないという結果になってしまいました。

 その後テアトル石和さんのご協力で検証した結果、以下の事が判りました。

1.強制的に縦横比を変更できない
 テアトル石和の再生装置では、縦横比を強制的に変更する機能はついに見つけられませんでした。
 家庭用の装置では表示モードを強制的に切り換えたりできるものが少なくないのでプロ用機材にもそんな自由度があるものと思い込んでいましたが、実際にはその逆で、プロ用なるが故に16:9の作品を4:3で映したり、16:9の作品を4:3で映したりという「余計な機能」はトラブルの元にしかならないという事なのでしょう。

2.4:3の作品は4:3で上映できる
 試しに4:3のDVDをかけてみたところ、問題なく4:3で上映できました。DVDは縦横比に関わらずピクセル数は横720×縦480と決まっており、それ以外にアスペクト比情報として4:3なのか16:9を指定する形式になっています。
 タネを明かしてしまえば、内容を「4:3で作成したか」ではなく、DVDにする時に「4:3を指定したか」で決まってしまうのでした。


 以上から、縦横比の指定が不適切な作品を再生側で対応できない事が判明しましたので、次回以降は縦横比に関しては出品者責任とさせて戴きます。悪しからずご了承願います。
 今回はDVDに関してのみ確認しました。BDに関しては確認していませんが、BDは最初から16:9標準なので4:3のソースは左右に黒帯を入れて16:9にして作って戴ければ間違いないと思います。

コンナンデ映画祭ホームページ
トラックバックURL : https://sompi.exblog.jp/tb/18844152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sompi1 | 2013-10-24 17:45 | コンナンデ映画祭 | Trackback | Comments(0)