人気ブログランキング |

Cutie Honey TEARS

 2016年10月23日、甲府東映セントラルBe1にて。
 公式サイト




 予想通り「これのどこがキューティーハニーなんだ」と旧来のファンに喧嘩売りまくりだった。まぁ胸の大きさなんかどーでもいいとんだけど「脱がない」キューティーハニーは正直、要らない。なんでキューティーハニー作るのに脱げない役者使おうと思うかな。もうそのスタート時点でダメでしょ。
 物語も面影すら残さない。まともに残っているのは殆ど「早見青児」という名前ぐらいだろうか。主人公は如月瞳っていう「知らない人」だし。ジルも一人っ子だし。そしてそのジルとの決戦の際に、何の脈絡もなくジルが一方的に「キューティーハニー」とか「如月ハニー」とか1度ずつ呼ぶだけ。「妖怪大戦争」ばりの雑さだ。
 タツノコあたりなら、自社リメイクでも原型を留めない乱暴ぶりだから先日のガッチャマンなんかも「仕方ない」と思えてしまうけど、豪ちゃんも懐深過ぎ。これじゃせいぜい譲って"inspired"…それでも許せない人いるんじゃないかな。「これのどこが」度はキャシャーン級。

 それはそれとして、1本の映画として観たら、そんなにひどい出来とは思えなかった。せめてキューティーハニーを名乗らないか、名乗るなら敬意が欲しかった。ラストの「続編作りたいです」気分満々のカットが浅ましくて、折角の「単体で観たらそんなにひどくない」感が消し飛んだ。

 遅れ上映とは言え、当地で公開2日目の日曜、それも昼夜2回のみの昼の部で観客3人。これじゃTOHOシネマズ扱ってくれないわな。公開直後だから2階のBe1で観られたけど、3階のBe2だったら音も致命的なのでBe館で観るのは結構ギャンブルなのだ。そしてパンフは映画上京した時に買っておいてよかった。ショーケースに並んでなかった。

 エンドロールで協力の中に「甲府銀座あべにゅう」と出た。ロケに来てたのか。Be館の人も知らなかったようだ。
トラックバックURL : https://sompi.exblog.jp/tb/23309055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sompi1 | 2016-10-23 15:27 | レヴュー | Trackback | Comments(0)