人気ブログランキング |

Juliet

 劇団、ではないらしい。情熱的新性激弾NOT∀LONE、なのだそうだ。若いうちは言葉が他人に伝えるためのものという意識が薄いのである程度仕方ない(自分もそうだったし:苦笑)とは思うのだが、いかんせん何かを伝えようという誠意を感じないチラシにかなりうんざりした。何が公演タイトルなのか、何が劇団名なのかさえ僕は自力では読み取る事ができなかった。バックについている団体も「NPO法人」と大きく明記してありながら裏をよく読むと「NPO法人申請中」とか書いてある。詐欺呼ばわりされても知らんぞ。萩原興洋氏が手伝っていると聞いたので足を運んだが、少なくともこのチラシだけだったら絶対に行かなかった。

 行ってみたら、いい芝居を見せてくれた。話はシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」なのだが、まぁ何とも自由な解釈と言うか、型破りと言うか(苦笑)。「物語の大筋を既に知っている人のためのパロディ」というのが近いかも知れない。細かい所はばっさり捨てて、いくつかのシーンを時系列不問にコラージュした、まるでニコニコ動画で「忙しい人のためのロミオとジュリエット」でも見ているかのような…これが今流行りのスタイルなのか?映画「ロミオとジュリエット」の更に半分の上演時間でまとめるためにタイトルまで半分削って"Juliet"…ってのはうがち過ぎか(笑)。
 しかし結果だけ言うと、このタイトルにも偽りはなかった。実際ジュリエットばかり見ていた。いい歳したおじさんの胸がジュリエットの一挙手一投足にキュンキュンときめいてしまった。ぶっちゃけ、舞台の後にトークショーがあり彼女も素顔(と言っても舞台に出ていたほぼそのままの姿)で登場してきたのだが、きれいとは言っても絶世の美女って程でもなく、スタイルだって引き締まったきれいなラインではあるが引き締まり過ぎてもうちょっと抑揚があってもいいかも(苦笑)、なんて冷静に観察してしまったりしたのだが、それはあくまで彼女のスタティックな外見であり、ややアンダーダンプ気味に喋って動く彼女は本編中のジュリエットそのままに魅力的なのだった。
 中腰で両足を肩幅の1.5倍ぐらいに開いて両手を「わきわき」するがさつなジュリエットなんて今まで誰が想像し得ただろうか。あのポーズでおじさん胸を射られてしまったよ。裸足のヒロインに乾杯。せめてトークショーには何か履いて出ておいでね。お腹壊すよ。
 彼女を観るためだけにこの劇団にもう一度足を運んでもいい、いや積極的に観たいぞ次はいつなんだゴルァ!って劇場を出て家に向かい歩きながら思った。

 甲府駅の南、東横イン1Fのギャラリーを使っての公演。旗揚げ公演なのか一発屋なのかもまだ未定らしいが、若い者達が集ってひと芝居打ってやれという動きが今もちゃんとあるのはとても嬉しい事ではある。
 甲府にしてはかなりの大雪が降っていた。僕は家が近いのでゴム長靴履いて歩いて行ったが、会場に無料の駐車場がないので車で来る人(このあたりじゃ殆どがそうだ)には3百円ぐらいの駐車券割引(有料駐車場の駐車券を見せると入場料値引き)があってもいいと思った。てかオフィシャルサイトにも「元麻布ギャラリー甲府」としか書いてない。「それはどこ?」っていう観客を呼びたいなら必須な情報が致命的に欠けている。駐車場がない事も書いてない。これも若さか(苦笑)。いや、悪い意味ではなくね。正直、ちょっと見直したし期待も持たせて貰ったのだ。
トラックバックURL : https://sompi.exblog.jp/tb/6774680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sompi1 | 2008-02-09 21:38 | レヴュー | Trackback | Comments(0)