人気ブログランキング |

ギララの逆襲

 8月28日、渋谷シアターNにて。

 同人映画としては出色の出来。やりすぎ感満載だがそれ自体ひとつの「味」にしてしまっているところは見事。20人程の観客がこぞって爆笑していた。「娯楽」という意味では最高。ただしあくまでパクり・遊び(パロディですらない)として。ここまで遊んでくれれば見てるだけでも一緒に楽しい。「TV報道画面」を模した場面で縦書きの字幕を画面の隅ではなく左右を4:3に切られても映る微妙な位置に出して敢えて「時代」を記録しているあたりも憎い。でも竜さん、ギララで「シェー」は解る人少ないかもよ(苦笑)。
 この作品もそうだし予告を流していた作品や館内でチラシを置いていた作品など、単館/寡館上映なのが惜しまれる作品が内外問わず膨大にある。文化不毛の当地ではそんな映画たちは存在すら知られぬまま。まぁそういう作品を精力的に持ってきてもテアトル甲府みたいに経営が立ち行かなくなる土地だしねぇ。
 日本の映画もこんなに元気なんじゃないか。なんでこういうのが全国に回らないんだ。日本の映画流通業界、いや文化全体が中性脂肪でも詰まって動脈硬化起こしてる感じだな。

 秋葉原で買った物の一部を席で落とし、2日後に電話したら着払いで送って戴ける事に。感謝。
トラックバックURL : https://sompi.exblog.jp/tb/7446086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sompi1 | 2008-08-31 23:15 | レヴュー | Trackback | Comments(0)