人気ブログランキング |

一期一会の百番珈琲

 6/27(土)、NPOの理事会に出席するため清里に向かう途中、高野駐在所前の交差点を越えたあたりにそれはあった。



あまり時間ないので一度通り過ぎた
by sompi1 | 2020-06-30 04:27 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

エコ×エコ 在らざらく

 平素、カリタ101ロトで珈琲を淹れている。豆8gで250-300mlの湯を注ぐ。
 少しでもランニングコストを下げるべく、カリタ純正より安い濾紙をいろいろ試して選んだ。その中でも、カルディの濾紙は一番速く、100枚200円弱で買えるので重宝していた。
 そのカルディの濾紙が突然、ABACA(マニラ麻)からヴァージンパルプに変わった。材料が変わる事は問題ではない。しかし品質が変わるのは困る。最初の手触りで感じた悪い予感は見事に当り、新しいカルディ濾紙は紙コップかと思うぐらい落ちるのが遅くなっていた。
 これまで試した中で、落ちるのが早い次点は三洋産業(スリーフォーブランド)の濾紙で、これはツルハドラッグストアで買えた。後に、珈琲問屋で安く買える無漂白濾紙もパッケージは違うがスリーフォーである事に気づき試してみたら中身は一緒のようだった。スリーフォーの濾紙はヴァージンプルプだから、カルディの濾紙が使用に耐えない(※)程「遅い」のは材料のせいではない。カルディには苦情のメールを出したが、向こうから連絡でもない限り二度と手に取る事はないだろう。

※個人の感想です(笑)。


求む、安くて速い濾紙!
by sompi1 | 2020-05-02 08:58 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

水ドリップ珈琲

 「水出し」とは違うと思うので「水ドリップ」と呼んでみた。water dripって本来「水出し」を意味するのだろう。水ドリップも水出しと言えなくはないかも知れないが、少なくともこれまで見てきた「水出し」とは違う。なので呼称も独特なものにすべきと考えた。


とりあえず「水ドリップ」と呼ぶしか思いつかなかった
by sompi1 | 2019-09-08 01:43 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

 2018年の夏に思いつきで作った水出し珈琲がかなりアタリだったので記録しておく。



どこか採用する喫茶店ない?(笑)
by sompi1 | 2019-03-05 17:48 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

ライト・コロンビア

 今月の問屋の安売りはコロンビアスプレモ。スプレモとは最上級(トップ)の意で、実際には最も大粒の豆である。これをライトローストにするとコロンビア・トップ・ライトが揃うわけだが、ネタとしてはあまり使い勝手はよくないな(苦笑)。

でもそっちのライトじゃない
by sompi1 | 2016-02-18 16:14 | 珈琲 | Trackback | Comments(2)

ゲイシャ初体験

 富士宮の友人から「珍しい豆が手に入った」とお裾分けが送られてきた。産地はパナマだが、ゲイシャ種だという。ゲイシャ種の存在は知識としては知っていた。新宿ヤマモトの店頭でも見かけた事はあった。しかし飲んだ事はまだなかった。
 他にも4種送られてきていたのだが、どれも煎りが僕の好みより深く、正直深過ぎて違いが判らなかった。しかしこのゲイシャだけは同じぐらい深いのにはっきり違った。これが珈琲界で「チョコレートライク」と呼ばれる風味なのか。ゲイシャの名を戴くだけの事はあるな。尤もネット情報によれば

>ちなみに、名前の由来は、エチオピアの「ゲシャ」と称する村で発見された豆だからだそうです。

だそうだが。

 この後、今度は珈琲問屋甲府店5周年でインドネシアの希少種詰め合わせ福袋が発売になり、これまで僕にとっては伝説上の存在でしかなかった「ジャワ・アラビカ」なんかを手に入れるのだが、それはまた別の話。
by sompi1 | 2015-11-11 04:55 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

 カルディのモカブレンドといえばイエメン産のモカマタリを使っているのがウリだった。それがこの秋頃から「エチオピア産になりました」と堂々と宣伝していた。シャトレーゼは北海道の牛乳に切り替える際に「おいしくなりました!」と宣伝してしまったが、カルディはそこまで迂闊ではないようだ。ただ「エチオピア産になりました」と報告するに留まっている。

英断だと思ったんだが
by sompi1 | 2014-11-29 21:58 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

真・憧れの青い山

憧れの青い山から続き。

 ブルーマウンテンが手に入らなくなるという噂を聞いた。その時聞いた噂ではジャマイカ島の不作という話だったが、正しい情報ではなかったようだ。

とにかく一度は飲んでおきたい
by sompi1 | 2014-10-05 18:33 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

さらばモンテアズール

憧れの青い山

 新宿ヤマモトコーヒーでモンテアズールを注文したら「モンテアレグレ」という豆を寄越した。間違いではないかと確認したら「モンテアズールって名前を使えなくなった」由。
 昨年ニューギニアブルーを買おうとした時も品種名が「ニューギニア」だけになっていた。恐らくブルーマウンテンの「偽者」撲滅キャンペーンでも起きているのではないか。まぁニューギニアなんか元々ブルーマウンテンの苗を移植してブルーマウンテンに匹敵するクオリティを出していて、実際偽者として結構流通してしまった前科もあるらしいから仕方ないのかも知れない。
 こうなったら中国あたりでチンザン(青山)なんて品種が出てくるのを期待するしか。多分買わないけどね(苦笑)。中国でも雲南省あたりでは珈琲豆作ってて、一時期ヤマモトでも買えたんだが最近見ないなあ。
by sompi1 | 2014-04-28 20:20 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)

AKITO coffee

 武田通り(うちの近所)に珈琲屋ができた。たまたま豆が切れそうだったので試してみる事に。皮肉なものだ。この店が古本屋だった頃は前を通るだけで一度も訪れた事はない…いや、大学に入りたての頃一度だけ入って本棚を眺めた事があったかな。
画像:AKITO外観
 場所はこのへん

すまん、日常的には利用できない
by sompi1 | 2014-04-17 13:13 | 珈琲 | Trackback | Comments(0)