人気ブログランキング |

D級アンプ

なんとも小さい
 11月1日、秋葉原でD級アンプ"RSDA202"を購入。「デジタルアンプ」と称して売られていたが、この呼称は正確ではない。「D級アンプ」というのも厳密には正確でないし充分に認知された呼称でもないのだが、実に絶妙な呼称だと思うのでできれば「事実上の標準」の地位を得て欲しいので応援する。本当に正確な呼称としては「スイッチングアンプ」とか「PWMアンプ」とかって事になるんだろうな…ただしこの製品が本当にPWMかは知らないのでそれも断言はできないか。
 アナログオーディオに人生を捧げてきた身としてはD級アンプにはいささか抵抗も偏見もあるのだが、その利点も理解しているつもり。ガソリンエンジンの世界ではどんなに楽しくてももう2ストロークエンジンは作られないし、オーディオの世界でも一番楽しかったアナログレコードのピックアップ周りはもう過去の遺物でしかない。次に楽しいアンプの世界も電力増幅段はA級でもAB級でもなくD級が今後主流になっていくだろうし、リニアの電力増幅段は超贅沢品として残るのみだろう。

 D級アンプを食わず嫌いしたままではオーディオの世界からも取り残されてしまう。そんな焦りも少なからずあった。しかしD級ではカウンター駆動(BTL構成)が容易であり、実際主流になりつつもある。リニアアンプの時代に20年待ってもついに主流にならなかったカウンター駆動はD級アンプにも同様に有効であり、これの有無がリニアアンプとの地位を逆転させる鍵にもなりかねない。
 それを確かめる意味でも、僕はD級アンプを手に入れねばならなかった。最初はキットを買おうと考えていた。しかし決心して店頭に赴いたらキットの部品代と大差ない価格で完成品が出ていた。加工のコスト(時間/人件費)を考えたら格段に安い。迷わずこれを購入。仮に期待した通りのショボい代物でも充分に使い道はある。とりあえず寝室の2段バスレフにつないでみた。
 元々当家の寝室には寝室用に開発された"Morpheus"があったのだが、メインシステム大破に伴い居間で当家主力機の座に着いて久しい。寝室では専らノートPCでネットラジオだったのでPC用の小さなスピーカを使っていた。ここに20Wのパワーアンプをもってきた。
 20W+20Wと言っても14Vの電源で4Ωの負荷をつないだ時の値だ。12Vの電源で8Ωのスピーカでは10Wも出ない。この「BTLでありながら最初から4Ω負荷設計」というのも実の所中のICがカーステレオ用に開発されたICだからなのだが、リニアアンプの時代からBTLで4Ω負荷設計のカーステレオ用パワーICはかなり高性能で「タイムドメイン」なんかはこれで10万円以上のパワーアンプを堂々と商品化していた。

 さて、本体価格1万290円のこのアンプに秋月で入手したスイッチングレギュレータのACアダプタ12V5A(1,600円)を接続してCDを鳴らしてみた。2段バスレフは電気的に「重く」アンプのフォースを大量に要求する。果たしてこの小さなアンプは期待を裏切って結構いい音出してくれた。高音が濁るでもなく、低音もゆったりと出る。ちょっと嬉しい誤算。これは寝室用アンプとして正式採用してもよさそうだ。多少改造すれば使える程度になるかなと思っていたのだが無改造でここまでやるとは。

 少し、心にオーディオの火が蘇った気がした。それにしてもこの青LEDうるさいな。寝室なので照明を落とすと眩しいぐらい光る。音質面よりまずここを改造しなくてはいかんかも知れない。

11/25'07
見た目はアレですが
 ACアダプタと本体の間にニチコンMUSE16V10,000μFを入れてみた。低音の駆動力が増した感じ。
by sompi1 | 2007-11-21 03:15 | オーディオ | Trackback | Comments(1)

 奈良に転勤になって4年勤めたCAN氏が東京に戻った事とD氏の結婚をまとめて祝うべく、かつての「アニメでポン!」スタッフに召集がかかった。会場は新宿パセラ
バースデーハニトー
 当初集まったのは4人。ひと月以内に誕生日の客にはバースデーハニートーストがプレゼントされると聞き、幹事のBunさんが「ひと月以内に誕生日の人ー」と言うと、残り3人が全員手を挙げたのだった。お店の人に言ってみたら本当に3個出してくれた。
3人とも40代
 満悦のびぃすと氏そんぴCAN氏
 その後、4名が到着して盛り上がったのだが、ハニトーは食べきれずちょっぴり残してしまった。パセラさん、ごめんなさい。

 会場が新宿だったので、ネットラジオ番組「週刊エル・カザド通信」で話題になった「バカでアホでフラメンキン」を一目見たいと言ったら、そのまま新宿で晩飯のつもりだった4名がこれに乗った。てかあとの3人は予定があったので参加できなかっただけで全員結構興味はあったように見えた。相変わらずノリのいい連中である。
 その店は「思い出横丁」にあるらしい。しかし店の名前は忘れた。と言っても思い出横丁はそんなに広くはない。漠然と「すぐに見つかるだろう」と多寡をくくっていた。実際、土地勘のあるDragon氏が先導してくれて店はすぐに見つかったが、ひとりだったらもうちょっと手間取ったかも知れない。
 かくて我々は思い出横丁の「つるかめ」に入店した。ぐるりカウンターで20席もあるだろうか。店は結構繁盛していてカウンターの両隅しか空いていず、2人と3人に別れる事になった。僕とD氏のふたりは他の3人とカウンターの反対側へ。
メニュー
 「バカでアホでフラメンキン」確かにある。+300円で定食にできるとあるが、D氏は丼物にフラメンキンでいくと言う。僕もそれに乗った。

健康丼 500円
 D氏の注文した「健康丼。酢大豆とワカメ。確かにいかにも健康的。

ベーコン丼 600円
 僕は「ベーコン丼」に挑戦。出てきたのはベーコン入り野菜炒め丼。これもなかなか健康的だが、油が使ってあるのでこれだけで「1食」の重みがある。

バカでアホでフラメンキン 450円
 これが念願の「バカでアホでフラメンキン」。ちょっと寄ってみるとこんな感じ

 「バカ」も「アホ」も実はスペイン語で「バカ」は牛肉、「アホ」はニンニクの事らしい。「フラメンキン」というのが料理の名で、まぁ天ぷらの事だと思えばいいらしい。実際には牛肉だけではなくベーコンと合わせて重ねて(巻いて?)あるようだ。「バカでアホでフラメンキン」で検索すると結構いろんな人が体験、紹介している。
 この他にも大豆たっぷりのソイ丼とか、ハムカツ(300円)、メンチカツ(250円)なんてメニューもあり、新宿駅直近という場所なのにかなりお安くおいしく食事ができそうだ。覚えておこう。
by sompi1 | 2007-11-19 00:29 | 自分 | Trackback | Comments(0)

マイクロバースター装着

 マイクロバースターを試してみる事にした。
 排気口に装着して流速を高め、中低域のトルクを増大するというフレコミ。当然排気口に物を入れるのだから抵抗にもなる。「抵抗になるため高域では最大出力の低下が見られる」とはっきり明言している潔さが気に入ったので試してみる気になった。
装着前装着前のマフラー出口。
装着前装着前のマイクロバースター。
装着前装着後。
 見た通り、耐熱・耐蝕性のステンレス鋼板を折り曲げただけの物。値段も1個千円と手頃。ただしアルトワークスはマフラー2本出しなので2個買う事になったが。メーカー見解では「2本出しの場合、両方とも入れてしまうと抵抗になるため片側だけの装着の方がよい場合もある」とか言われたが、何となくピンとこなくて一気に両方装着。つけてみたらなんか外すの大変そう。

 鉛蓄電池にCを付加するAdrenaプロジェクトでは如実に「ぐいぐい感」の増大が体感できて嬉しかったがこれにはそういう体感はなかった。でも40~80キロのあたりで「すいすい感」が増したような気がする。プラシーボなのかはおいおいじっくり確かめたい。
 装着後最初の給油ではリッター15を記録した(通常街乗りでは14だった)が、ちょっと郊外走行もあったのでまだ手放しには喜べない。でも少なくとも「悪くはなってない」と思えるのでこのまま検証を続行。
by sompi1 | 2007-11-18 23:16 | | Trackback(1) | Comments(5)

スペイシー復帰!

スペイシー帰還

 ベルトは切れ、CVTのプーリ径を制御するウェイトローラも摩滅していたそうでこれらを交換されてスペイシー80は帰ってきた。前よりずっとスムースに走る。まだ当分走れそうで嬉しい。

 部品は純正品の在庫があったらしい。まだ製造されているとは思えない。初期生産分がまだ残っていたとみるべきだろう。何せ出荷台数が極端に少ないから…(苦笑)。
by sompi1 | 2007-11-07 14:39 | | Trackback | Comments(6)