人気ブログランキング |

ストロング大戦

 どちらも2009年12月18日、グランパーク東宝8にて。

ONE PIECE FILM Strong World>
 チケット買ったら「0巻」くれた。800円もするパンフは売り切れで買えなかった。メガネにポニテのロビンがちょっとツボった。
 ボケとツッコミのスピーディな応酬をどんなに真面目な場面でも欠かさないのがワンビースだな。レギュラー陣は勿論、竹中直人氏もさすが芝居だけでなくギャグも堂に入ったもんだ。
 原作者が仕切っても面白くなる事あるんだね、というのが全体の感想。月に代わったりする話で偏見を植え付けられていたかも知れない。

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010>
 こっちも通常版パンフ品切れで1,600円もする「DVDつき」しか買えなかった。さしてお宝とも思えないメイキングが11分ばかり入っていた。通常版600円だそうだからDVDが千円か…何の都合か(苦笑)死神博士や蜂女は全く登場しない。暴利ぼりぼり。
 今回は何故か(苦笑)旧ライダーはあまり出てこない(最初一斉に派手にやられてるけど平成陣のみ再登場してくる)が、前回いなかったタックルがかなり前に出てきてる。本放送当時、シリーズ途中で戦死したのに後半全く思い出される事さえなかったから不憫でって事らしい。ワンピースといい今回は女性陣にスポット当たってる感じ。女性陣と言えば蜂女の及川奈央が意外なぐらいちゃんと芝居してる。もう立派な「女優」だね。夏美が変身したのはなんだかちょっと嬉しいけど、やっぱり「取ってつけたような」感は拭えない。
 「鬼の形相」とか言われてもディケイドは元から目つき悪いからなぁ(笑)。
 「お祭り」としての映画、という観点からはかなり見事に思えた。映画ならではないろんなサーヴィスがあった。でも結局肝心な事は語らずじまいのような気がするし、「ぼくらの」仮面ライダーが一部の不心得者に私されちゃった、という印象は残ったな。これが「仮面ライダー」という名前さえ名乗ってなけれぱかなり上質な娯楽だったろうに、悔しいよりも残念。「イカで、ビール」は今回も健在。そんなに気に入ってたのか(笑)。今回はスルメとビールが出た瞬間にひとりで笑わせて貰った。
 前のライダー大戦は「Wのお披露目」だったし今回は「アクセルのお披露目」か。無料のTVシリーズを映画の宣伝に使うのはダメで有料の映画をTVシリーズの宣伝に使うのはいいのか。よく、わからない。ガイアメモリ2本っていうのはちょっと機能が多いだけで特別なパワーとか提供してないのか。ミュージアムの連中もそれをやろうとはしてないからおかしいとは思っていたのだが。
by sompi1 | 2009-12-19 01:32 | レヴュー | Trackback | Comments(0)

 2009年12月17日、甲府シネマ5にて。なげー名前。「ウルトラマン」で全部通じるけどね(笑)。

 もうね。がっかりですよ。セブンの息子はまだいい。自分がセブンの息子だと知らなかったのもまぁいい。小泉氏もうまく処理してあって気にならなかった。むしろウルトラの母の方が余程気になった。ペギーさん使えとは言わないけどさ、相応のキャラクタってもんがあるでしょ。
 で。
 なんでダイナが出てくるかな。杉浦太陽氏とかが隊長の後輩とかで出てるのは別にいいさ、他人の空似だもの。しかしアスカ・シンはGUTSの制服着て出てきてダイナに変身しちまう。
 今までの映画を作ってきた人達の気遣いをよくもまああっさりと踏みにじってくれたものだ。いろいろいい所もあったけどこの一点でこの映画、0点。
by sompi1 | 2009-12-17 23:06 | レヴュー | Trackback | Comments(0)

 なんだよ「第一部」って、それもラストに。
 相変らず昭和テイストな突っ込み所満載だった。冥王星、土星、木星と律儀に外周から順番に飲み込んでいくブラックホール。どんだけ惑星直列してんだよ。ブラックホールは発見以来ずっとまっしぐらに進んでいた筈で、そうでなければ意思を持って進んでいる事を真田さんが気づかない筈はない。
 木星の4倍の直系を持つ「穴」の奥300Kmって、近っ!東京-名古屋間より近いぞ。
 日本人しかいない乗組員。日本語で漢字表示する艦内ディスプレイ。どこまでも国粋主義を貫く西崎であった。
 そして最後に画面いっぱいに嬉しそうに表示される「西崎義展」の文字。これ捧げられた故人達は喜んでいるのだろうか。まぁ「故人に捧ぐ」なんてのは存命者の自己満足だからそれはそれでいいのか。収益の一部が遺族に寄進でもされるならまだしも、言うだけだからねぇ。さすがに映画の中でも既に故人な広川氏には捧げられていなかった(苦笑)。
 ブルーノアが宇宙を飛んでいたのはこの映画の数少ない「観てよかった」所かな。艦長が小林修氏。味方になっても長生きできない。合掌。伊武さんも同窓会出演て感じだけど周囲がすっかり世代交代しちゃってて同窓会気分にはなれなかっただろうな。むしろ新鮮な緊張があったんじゃなかろうか。古代君も違う人だし。若手の中にも「ヤマト」に乗れて嬉しい人とかいるんじゃないかな。それはそれでよし。古谷氏なんかガンダムにもヤマトにも乗っちゃってるんだよなぁ。尤も富山氏なんかグレンダイザーに逆転(略)。
 麻上洋子さんはまだ現役だろう。彼女は出演拒否でもしたのかね。
 雪の乗艦(スーパーアンドロメダ級)は一度も拡散波動砲を撃たなかったしブルーノアも自慢の反陽子砲を披露する機会を与えられぬまま沈んでしまった。勿体ない。並戦艦の拡散波動砲でさえたった一発で敵艦隊を(「敵艦を」ではない)落とせる。ヤマトは一艦で一艦隊相手にできるし、地球の戦力は確実に星間連合を相手に戦える程凶悪だ。少なくともSUS一国の立ち合える相手じゃないぞ。そりゃ怖れるのも無理はない。実際駆逐されちゃったし。
 雪がワープ時に裸になるのは「体質」だったようだ。遺伝してるかな。いひひ。
 さすがに音楽には高揚感てものがない。宮川氏や羽田氏の偉大さを痛感した。

 でもま、「相変らず」なのはむしろいい事なのかも知れない。おっさん達にはね。まぁ、もう一作ぐらいはつきあうよ。折角売られた喧嘩だ。異次元まで乗り込んで侵略と殺戮を展開してくれるんでしょ。「正義のため」に。昭和は僕に教えてくれた。

 「戦争を始めるのはいつも正義」だと。

 この映画はちゃんとそれを踏襲していた。立派な昭和映画だ。
by sompi1 | 2009-12-17 00:42 | レヴュー | Trackback | Comments(1)

低音のこと

 オーディオを始めて、すぐに気になるのは高音なのだそうだ。確かに僕もそうだった。澄んだ高音、濁った高音は分かり易くて識別し易い。違いが「判る」事と「解る」事の間には大きな隔たりはあるが、少なくとも「判」らなければ「解」る事もない。判る事は大事なのだ。
 次に気になってくるのが低音。最後に中音の良し悪しを実感するようになるまでには大抵何年もかかるらしい。まぁこのあたりは自分にもちゃんとあてはまったので割と一般的なデータなのだろうし、僕自身も割と一般的な進歩をしてきたのだろう。
 しかし、高校卒業まで糸目がつきまくった予算で少しでもクオリティを得るためにパワーアンプとスピーカをすっぱり断念してヘッドホンのみで聴き込んできたせいか、一般の(やや恵まれた)オーディオファン達とは違いが生じたようだ。僕は大学に入ってリスニングルームを得るまで「身体で聴く低音」というのを殆ど知らずにきた。そのせいか耳で聴く低音の識別性が高いみたいだ。そのうえで身体に感じる低音を習得したので身体から受ける低音に対しても感じ方が違うのだろうか。それとも、僕のような聴き込みをしてくれば最初からスピーカでも今のようになっていたのだろうか。

以下、だらだらと能書きは続く
by sompi1 | 2009-12-15 04:31 | オーディオ | Trackback | Comments(1)

コーポ桜木101号室

 まつもと演劇祭ではゴッさんやACTを観たのだが、なんか機を逸してしまったので割愛(ごめん)。

 劇団離風霊船公演「コーポ桜木101号室」。2009年12月12日、中野BONBONにて昼夜鑑賞。隣のMOMOに81プロデュースの南沢道義氏や竜騎士07氏の名前の書かれた花が飾られていて気になった。どうやら麦人氏が出演している舞台らしい。麦人氏って初めて写真見たけどちょっとピカード艦長に似てるのね。閑話休題。
 今回は寝坊して、バスが遅れて、秋葉原でもたついて、御茶ノ水で14時半だった。15時の開演、よく間に合ったものだ。以前一度隣のMOMOに来ていたから迷わずに済んだ。迷ってたらアウトだった。ポリタン煉瓦亭に感謝。

 決して広くない舞台に15人もの登場人物がひしめいていた。さすがに全員に均等にドラマを割り振る事はできないが、結構描いていたと思う。「異色」という評価を聞いたが、僕には割と普通に「大橋作品」に見えた。
 部屋の床にハッチがあるが、特にダイナミックな大仕掛けはない。かつて大仕掛けが印象的だったリブレだが、大仕掛けに頼らなくてもリブレは面白い事をこの作品は証明してくれた。みんなよかったけど、特にエガさんグッジョブ。松戸さんはかなり限定的に厳しい台詞を連発していたが、入念な検討と打ち合わせの結果らしい(とは言っても元は思いつきのアドリヴだったみたいだけど:苦笑)。言われる方も厳しいだろうが、言ってる当人も結構しんどいんじゃないだろうか。でも実に効果的にちりばめられていて嫌味にならない所で踏み止まってとてもいいスパイス効果になっていた。
 それにしても、結構みんなカミカミだったなぁ。もう明日楽なのに(苦笑)。
 「よく噛んでから言ってくれ」
 「あ、今の、やり直していいすか」
 ってなんかおおらかだなぁ。ユキちゃんの「舞台から落っこちた動揺で台詞を忘れた事件」の時なんか本人いっぱいいっぱいで勇気ふり絞っての「やり直し」だったのに。

 初めてのホールだったが、ホール自体結構できたばかりらしい。まだそんな「臭い(建材臭)」もあった。
 壁や天井の反射が多いらしくかなりライヴな印象。今日は満員だから人間吸音材が利いていたが、昨日あたりは自然残響でかなり響いていたらしい。
 そして、定在波も強く残っている。空調に励起されて常時30Hz近い低音が唸っている。僕が涙腺を強制的に刺激される周波数にちょっと近くてビクビクしちゃった。BGMやSEでもうんと低い所がブーミーでキレが悪い。しかしそれ以外はさすが二木くみ子、いい音を聞かせてくれる。かなり苦労したみたいだ。まだ新しいホールなれば、今後のデッドニングに期待だな。
 今回はマチネ/ソワレの間が短く、くみさん連れ出してデートには至れなかったがそれでも少し話せてよかった。またこのままずっとリブレの音をやって欲しいと思っていたが、どうもそうはいかないみたいだ。この逢瀬もあと何回続くか。彼女は面倒臭がり(僕に対してだけかも知れないけど:苦笑)なので仕事の情報とかまるでくれないのだ。リブレの時は劇団の方から告知があるからこうして会えてはいるが、リブレの切れ目は縁の切れ目でもある。寂しいけどこれ現実なのよね。

 差し入れに高橋克実氏の名前が。彼もまだリブレ出身者である事を大事にしてくれているんだなぁ。ファミマ甲府駅北口店の店長が高橋氏にちょっと似てて、本物を見てるから背の高さが違うと判るけどTVでしか知らなければ「もしや」と思ってしまいそうだった。「おかや演劇祭」なんて名前の差し入れもあった。松本・長野のみならすらず岡谷にもあるのか。長野県の文化は懐が深いな。山梨とは大違いだ。
 夜の部では退出時に伊藤由美子氏にも会えた。
 「今回は乱入なさらないんですか?」
 とか声をかけたら苦笑していた。まだ楽日への期待は残ってるかも(笑)。

公演終わったので加筆>
 土曜夜の舞台の後、隣に座った二人組が話してた。そんな話をここに書いていいもんかとも思ったんだけど。
 「ひとりだけ過去に飛ばなかったのにひとりも覚えてないのな」
 したり顔で話してたが、僕には絵里が根本まで忘れたようには見えなかった。そう見える人もいるという事なのか、単なる勘違いなのか。再演される頃まで覚えてたらそこんとこ注意して観てみたい。
by sompi1 | 2009-12-13 05:52 | レヴュー | Trackback | Comments(0)