人気ブログランキング |

 第2回では、縦横比4:3で作られた作品が16:9に伸張されて上映されてしまいました。
 一時上映を止めてあーでもない、こーでもないと試行錯誤しましたが結局再生側では対応できず、お客さんをさんざ待たせた挙げ句やむなく16:9の歪んだ画像で上映せざるを得ないという結果になってしまいました。

 その後テアトル石和さんのご協力で検証した結果、以下の事が判りました。

1.強制的に縦横比を変更できない
 テアトル石和の再生装置では、縦横比を強制的に変更する機能はついに見つけられませんでした。
 家庭用の装置では表示モードを強制的に切り換えたりできるものが少なくないのでプロ用機材にもそんな自由度があるものと思い込んでいましたが、実際にはその逆で、プロ用なるが故に16:9の作品を4:3で映したり、16:9の作品を4:3で映したりという「余計な機能」はトラブルの元にしかならないという事なのでしょう。

2.4:3の作品は4:3で上映できる
 試しに4:3のDVDをかけてみたところ、問題なく4:3で上映できました。DVDは縦横比に関わらずピクセル数は横720×縦480と決まっており、それ以外にアスペクト比情報として4:3なのか16:9を指定する形式になっています。
 タネを明かしてしまえば、内容を「4:3で作成したか」ではなく、DVDにする時に「4:3を指定したか」で決まってしまうのでした。


 以上から、縦横比の指定が不適切な作品を再生側で対応できない事が判明しましたので、次回以降は縦横比に関しては出品者責任とさせて戴きます。悪しからずご了承願います。
 今回はDVDに関してのみ確認しました。BDに関しては確認していませんが、BDは最初から16:9標準なので4:3のソースは左右に黒帯を入れて16:9にして作って戴ければ間違いないと思います。

コンナンデ映画祭ホームページ
by sompi1 | 2013-10-24 17:45 | コンナンデ映画祭 | Trackback | Comments(0)

どっちにしろ雲の中

 オーディオって、基本「技術」一辺倒の世界なんだが、しかしその「評価」は定量化ができない、または定量化する事を恣意的に拒む世界だ。なのでオーディオ業界での評価は芸術のそれに近い。
 つまり、共通のモノサシなんて本当に基本的な部分にしか存在すらせず、そこから先は作る方も評価する方も職人芸/特殊技能扱いになる。評価される以前に「それが解るか」というのも重要で、既成概念を打ち破るような画期的なモノは大抵、受容されない(「評価されない」以前)。
 教科書知識と既成概念に縛られた脳には、画期的=トンデモ(いわゆるオカルト)という直結の思考回路が形成されている。結果から言えば多くはそれで間違いではないのだが、中にはそうでないモノもある。そうでないモノを嗅ぎ分ける能力は本物の特殊能力だ。特に日本人は勤勉なるが故に権威志向が強く、この直結回路に無条件に依存する傾向が強い。
 そんな状態で、理解できていないモノを解ったつもりで上から目線で「評価」しようとする者、自分の理解を超えている事をあっさり認めてブランドや評論家、そして値段という「権威」を指標にする者、そして身の丈を自覚してそれ以上のモノに手を出さぬ者、更には身の丈を自覚しながら「授業料」を払う者といろいろに分れる。自分の足場も見えていない(事にすら気付いていない)者は上からだろうと下からだろうと結局雲の中を見ている(実際には雲しか見えていない)わけで、つまりは何を「信じる」かという信心論になる。身の丈や自らの視座を認識して臨む「科学の姿勢」はオーディオ界では少数派であり、異端ですらあるわけだ。

 無知と迷信の支配するオーディオ界に科学の土足で踏み込む無粋者には、どんな未来が待っているのか。この歳になるともうそんなに残ってないけどね、未来(苦笑)。
by sompi1 | 2013-10-19 03:56 | オーディオ | Trackback | Comments(0)